主婦向けカードローン > カードローン基礎知識 >  > カードローンの審査に通らない人はどんな人?

カードローンの審査に通らない人はどんな人?

「カードローンの審査って?」

 

 お金を借りることに後ろめたさがある人が多いでしょう。

その中でも「審査」に関してはナーバスな気分になってしまいますね。

でも必要以上に怖がることはありません

カードローン会社が何を審査するのかというと

「返済能力があるか」「いくら借り入れしたいのか」など、

返済能力を把握するべく顧客の属性を確認しているのです。

 

カードローン会社は慈善事業を行っているわけではありません。

会社を経営しているので従業員に給料を支払うなど儲けが必要で、

そのためにはお金を借りて毎月きちんと返済して、

金利を払ってくれる良い顧客を求めているのです。

持ちつ持たれつと考えましょう。

 

 

「カードローンの審査に落ちてしまう原因は?」

 

お金を貸してもらえたら「信用がある人」だと判断されたということです。

お金を貸してもきちんと返済してくれて、

金利も払ってくれるお客様ということです。

しかし審査に通らない場合があります。

それはどのようなときでしょうか。

 

審査に通らないのは必ず理由があります。

 

・仕事が不安定で転職が多い、または派遣やアルバイト、短期の仕事の人

 安定した長期の収入を得られる職場だと信用度が上がります。

短期や派遣だと来月の収入が確定しない状況なので、

金融会社としてもお金を貸しづらい状況なのです。

ただし世帯収入が安定している場合は審査が通りやすいです。

 

・引越が多くて住所がよく変わる

 住所がよく変わる=前の借金から逃げている?

何か理由があって定住できないなど、

お金を支払わず踏み倒されてしまう危険度が高いと見なされます。

持ち家より賃貸の人は引越がしやすいので審査も厳しめになります。

 

・他の家族に扶養されている人。

 自分の収入が無くて家族に扶養されている場合は審査が厳しいです。

ただし銀行系カードローンは、

世帯収入で見てくれるところも多いので相談してみましょう。

 

・自営業の業績が良くない

自営業の人には審査は厳しめです。

今は業績が良くて年商何千万と行っていても先の保証が無いからです。

まして業績が悪いときは貸して貰えません。

 

・他の金融会社からお金を借りている人

総量規制という法律により、年収の1/3以上の借金が出来ません。

そのため他社からの借金金額が基準を超えていたら審査が通りません。

ただし銀行系カードローンは総量規制の対象外のため、

世帯収入で貸し付けを行ってくれます。

 

・書類に本当のことを書かない人

 他社からの借入金額を書かなかったり、

自宅を持ち家と偽ったりすると審査は通りません。

 

・過去に自己破産や債務整理、支払いの遅れがある人

 過去に「事故歴」と言って支払いが甚だしく遅れたり、

支払いをしていなかったりすると、お金を貸しても返してくれない人と見なされます。

注意したいのは奨学金や携帯電話の分割料金もこの対象となります。

 

・学生や高齢者。

 学生や高齢者は定職に就くのが難しく、

収入が安定しないため審査が厳しいです。

高齢者は貸し付けをしても返済能力について厳しくチェックされます。

 

 

「信用情報調査機関へ照会.過去の支払い遅れがあったら…」

 

 特に融資を申し込むときに記入する書類の

「他社からの借り入れ金額」の欄に虚偽の金額を書いたりすると審査に通りません。

「他の会社からの借り入れがあるのに黙ってお金を借りようとした」

ということは正しい家計の状況を報告していないので、

返済能力において嘘をついているということになります。

 

なぜ解ってしまうのかというと、

金融会社は「信用情報調査機関」へ顧客の借り入れ額などを照会するのです。

「そんなことを照会するなんて個人情報保護違反だ!」

と言う人がいますがお門違いです。

 

信用情報とは個人のクレジットカードの取引、金融会社からお金を借りた、

返済した履歴などすべて残ります。

いわゆる物を買うときに、「どれだけ借金できるか?」と言う目安になります。

この情報を照会しないと回収の見込みもないお金を誤って貸し付けしてしまい、

金融会社が破綻してしまいます。

 

借金歴は言わなければ見つからないというものではありません。

どこの金融会社から、いつ、いくら借り入れして、

何年何月は支払いが遅れたとか、

自己破産して免責になったなども事細かに掲載されているので、

カードローン会社には筒抜けです。

 

「こんなことで審査が通らない?」

 

 ネットショッピングを利用している人は多いです。

クリック一つで商品が届いて自宅でのんびりしながら注文できるなんて最高ですね。

ネットショップの会社はカード決済を要求するところが多いですが、

取引を何回もしていると信用が積み上がり後払いにも対応してくれるところもあります。

そのネットショップから支払いの催促が来ても、

うっかり忘れていて支払いを行わなかったらどうなるでしょうか。

 

支払いが遅れた事実が信用情報調査機関へ登録されることがあります。

大手の通販は信用情報調査機関に加入していて、

顧客の情報を照会し他社で支払い遅れがある人との取引には、

即時決済を敢行しています。

つまり「信用できないから後払いは出来ないですよ。」

と言っているのです。

 

安い数千円の化粧品を買っただけなのに、

その支払いをしないとクレジットカードやカードローンの審査に通りません。

それどころか家を買おうとして配偶者と共同名義にしようとしても、

住宅ローンの審査はとても厳しいので通りません。

 

他には携帯電話の機器分割料金はローン契約なので、

うっかり口座引き落としされなかったり、

入金期日を忘れると「支払い遅れ」の記録が残ってしまいます。

このようなうっかりミスを無くすだけで審査が通りやすくなります。

ネットショップでの支払いは手数料がかかりますが代金引換か、

ネットバンクで即時入金も出来るので支払い忘れをしない工夫をしましょう。

 

今注目されているのはデビットカードで、

クレジットカードのような使い方が出来て、支払いは預金口座から即時引き落としされるので支払い遅れの心配がありません。

忙しい人やうっかりしてしまう自覚がある人は便利なのでおすすめです。

人気カードローンランキング

アコム

アコム

最短30分で審査回答。いつでも返せて利息は御利用日数分だけ!24時間借入、返済可能!

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

入会するだけで「楽天ポイント」1000ポイント獲得。 金利もかなり安くてとってもお得!

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイク

ご新規様限定、「30日間 or 5万円まで180日間」の無利息期間あり。 期間が選べるのはレイクだけ!

人気ページランキング

Q&A

カードローン基礎知識

いろいろな体験談

気になるけど聞きにくい話

運営者情報

Copyright(C)2014 主婦向けカードローン術 All Rights Reserved