主婦向けカードローン > 気になるけど聞きにくい話 > 審査を受ける時に副業も申告した方が良い?

審査を受ける時に副業も申告した方が良い?

今の時代本業だけではなく副業でも稼いでいる人が増えています。

景気が落ち着いていても先が見えない世の中なので、

何かしら収入源を多岐に渡って確保しておくのは賢い生き方でしょう。

そこでお金を借りたいときに勤務先を申告しますが、

副業を申告した方が良いのかどうか悩みますね。

 

収入の合計が多ければ多い金額を借りられるかもしれませんし、

審査が通りやすくなるなら副業も申告したいです。

一見副業も申告をした方が有利に思えますが、

実は本業のみで申告した方が安全なのです。

なぜなら、兼業や副業をしている人は

「本業にリストラなどの不安があるのではないか?」と不安材料になってしまうのです。

 

その本業が不安定で副業をして、さらにお金を借りたいということなら

「返済してもらえなくなるのでは?」と恐れられてしまいます。

貸金業者が一番恐れていることは、返済してもらえないことなので、

そのリスクを避けるために不安材料を重視します。

副業で大きな金額を稼いでいても、それが安定しているとは見做されにくく、

一時的な収入扱いになり、審査にはマイナス要因となることが多いのです。

 

本業を確定申告しない前提で申し込みを行うことがポイントです。

確定申告をすると税金に金額が変わるので、副業がバレてしまうからです。

ここまでは正社員や契約社員などの定職に就いている人に対しての説明ですが、

では専業主婦やパートタイマーで働く人、

学生の副業はどのような扱いになるでしょうか?

 

自宅でできる仕事を請け負って一定の収入を得ている人も多いです。

アフィリエイトで稼ぐ人もいるでしょう。

このような属性の人たちには、流通系のクレジットカードや

カードローンが向いています。

申込書に平均した月収や年収を書き込んで、堂々と審査を受けましょう。

 

この場合は審査上プラスに働きます。

「家計を助けるために忙しい合間を縫って働いている人なので、

きちんと返済してくれるだろう」となるのです。

同じ副業でも正社員などで定職に就いている人と、パート、

専業主婦、学生などで扱いが変わってくるのは興味深いですね。

 

話は戻りますが流通系のクレジットカードとは、

ショッピングセンターやガソリンスタンドなど、

お買い物のついでに使われることが多い、

店舗が発行する家計に直結しているカードのことを

「流通系クレジットカード」と呼びます。

 

このカードを作っておいて入金実績が貯まると、

カードローンの案内をされるようになります。

するとパート収入や副業だけしか収入が無くても、

カードローンの申し込みがしやすくなります。

 

この段階を踏んでいると審査に通りやすく有利な金利条件を提示されることさえあり、

お得に使えるのも嬉しいところです。

今までクレジットカードなどを持っていなかった人も、

流通系カードで入金実績(クレジットヒストリー)を積み重ねて、

他の会社のクレジットカードやカードローンを申し込むのも賢いやり方です。

 

人気カードローンランキング

アコム

アコム

最短30分で審査回答。いつでも返せて利息は御利用日数分だけ!24時間借入、返済可能!

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

入会するだけで「楽天ポイント」1000ポイント獲得。 金利もかなり安くてとってもお得!

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイク

ご新規様限定、「30日間 or 5万円まで180日間」の無利息期間あり。 期間が選べるのはレイクだけ!

人気ページランキング

Q&A

カードローン基礎知識

いろいろな体験談

気になるけど聞きにくい話

運営者情報

Copyright(C)2014 主婦向けカードローン術 All Rights Reserved