主婦向けカードローン > カードローンを賢く使ってお財布代わりにしたい! その手続き方法は?

カードローンを賢く使ってお財布代わりにしたい! その手続き方法は?

「お金を借りてくれる人はお客様」

 

初めてカードローンを借りると決めたなら、

ほとんどの人が不安と緊張で一杯ではないでしょうか。

「借金」という言葉に対する後ろめたさがあるのでしょう。

でも後ろめたさを感じる必要はないのです。

 

特に収入が無い専業主婦の人は

「私に収入が無くても本当に借りられるの?」と心配だと思います。

それに主婦の人は普段の生活では金融機関へ行く機会があまりありません。

夫の給料日にお金をおろしに行く程度で、

窓口へ行ったのは結婚で住所や名前を変更した程度の人も多いです。

 

それなのに行き慣れない金融機関へ出向いて、

どのような審査をするか書類に何を書くのか不安です。

その不安の多くは「お金を借りる」という引け目から来ているのです。

そこでよく考えていただきたいのが金融機関からすると、

お金を借りてくれる人は「お客様」なのです。

 

金融機関が提示している金利を支払い、

必要な金額の融資を受ける立派な契約なので引け目を感じることはありません。

お金を貸すことを仕事としているカードローン会社は、

専業主婦の人にもっと気軽にお金の悩みを解消して欲しいと思っています。

まずは気軽に「お金を借りたい」と相談してみることから始めましょう。

 

毎月ほんの少しの金額が足りなくて、

カードローンでまかなえたらストレスがないのに、

金融機関へ行きにくいと思う人はネットや電話でも相談が出来ます。

相談をすると、その場で大凡の借りられそうな金額を教えて貰えます。

本当に借りられる金額は正式な審査を受けた後ですが、

can you buy viagra over the counteronline pharmacy canadacialis for salebuy viagra onlinebuy cialis online

一度話を通しておくと気持ちが落ち着きますね。

 

 

「審査を受けるときに必要な書類は?」

 

 

金融機関へ提出する書類を「堅苦しい」と思う人は多いでしょう。

間違えて書いてしまったら大変だと言う声もあります。

でも実際に準備してみると思っていたよりは楽だったという感想が多いです。

では何を準備すれば良いでしょうか。以下に羅列していきます。

 

「本人確認書類」申込者が本人だという証明書です。

パスポート・自動車運転免許証・健康保険証・住基カードなどが本人確認書類となります。

顔写真がついている方が望ましく、

顔写真が無い場合は複数の本人確認書類が必要な場合があります。

年金手帳や住民票では本人確認書類にはなりません。

 

また健康保健所を家族で共有している場合は、

本人だけの証明書を求められることがあり、

家族共有の健康保険証以外の本人確認書類を提示しなければなりません。

住基カードを前もって作っておくと保管に注意すれば便利なのでおすすめです。

 

・「収入の証明書」専業主婦の人は必要ありませんが、

パートなどに出ている人は源泉徴収票・所得証明書、

または職場から発行される給与明細・確定申告書などを発行して貰いましょう。

会社から発行してもらわなければならない場合は早めに依頼して準備しておきましょう。

その時に職場に証明書の使い道を告げる必要はありません。

何か言われたら「夫の会社で必要なんです。」と答えておきましょう。

 

他には本人確認書類と収入の証明書の住所が違っている場合は他の書類が必要です。

住民票や、公共料金の払い込みに関する通知書、

公共料金の検針のお知らせ、納税証明書や携帯電話の領収証など、

現住所が記載されている書類であれば大丈夫です。

 

新たに発行して貰う場合は3ヶ月以内の新しいものにしましょう。

それより前に発行された書類だと、

再度新しい書類を発行するように言われることがあり二度手間だからです。

詳しくは借り入れをするカードローン会社に確認しましょう。

どの書類も普段から身近にあるものばかりなので、前もってチェックしておきましょう。

 

 

「書類を準備しておくとスムーズに借りられます!」

 

 

お金が必要で、でもすぐに借りるなんて無理!そう思い込んでいませんか?

実は条件が整えば申し込みをしたその日にお金が借りられるのです。

まずネットで申し込みをして仮審査後に金融機関へ出向いて手続きをすると、

半日程度で融資が受けられる場合が多いです。

半日で融資ならほとんどの不測の事態に間に合いそうですね。

 

スムーズな融資のためには書類をキッチリ準備することが大事です。

半日で融資が受けられるからといって金融機関で長い時間待つのが苦痛なら、

カードローン会社によっては、

無人で受付をしてくれる契約機を設置しているところがあります。

そこでは誰にも会うことなく手続きが勧められます

 

本人確認書類と必要であれば収入の証明書を持って書類を書き、

スキャナーで本人確認書類を読み込んで、その場で審査を行ってくれます。

手続きを始めて約1時間でカードが発行されてATMでキャッシングを受けられます。

このようにスムーズに手続きを勧めるには本人確認書類をキッチリ準備して、

カードローン会社が提示した書類を空白無く埋めて記入することが大事です。

 

配偶者の勤務先や住所などが解るように準備しておきましょう。

世帯年収などは大まかで良いですが、

手取り年収金額などは把握しておきましょう。

他に準備しておきたいのは、今の住居に住みだして何年何ヶ月か、

固定電話が使える状態かどうか(料金未払いor外している場合、書類に書けません。) 

配偶者が他社からお金を借り入れているなら、

解る範囲で金額を把握しておきましょう。

 

その他では子供の有無、同居か別居なども記入をします。

プライバシーの詮索ではなくカードローン会社としては顧客の属性を把握したいので、

ここで面倒がって正直に書かないと審査が通らなくなってしまいます。

カードローンのカードを一度作っておくと、少しのお金が必要なときに便利なので、

ここで頑張って作っておくと、その後の手続きは不要なのです。

「あの時、作っておけば良かった…。」と後悔しないために準備を周到に行って、

スムーズにカード発行まで進みましょう。

人気カードローンランキング

アコム

アコム

最短30分で審査回答。いつでも返せて利息は御利用日数分だけ!24時間借入、返済可能!

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

入会するだけで「楽天ポイント」1000ポイント獲得。 金利もかなり安くてとってもお得!

新生銀行カードローン レイク

新生銀行カードローン レイク

ご新規様限定、「30日間 or 5万円まで180日間」の無利息期間あり。 期間が選べるのはレイクだけ!

人気ページランキング

Q&A

カードローン基礎知識

いろいろな体験談

気になるけど聞きにくい話

運営者情報

Copyright(C)2014 主婦向けカードローン術 All Rights Reserved